ときメモ3プレイ記

ときメモ3のプレイ記です。
ネタバレ情報を含みます。
 
攻略情報は未整理となっております。
ご了承下さい。
2002-02-27 Wednesday
芝居から転身
 
 今日は厳密にはプレイ記ではないんだね。だってプレイしてないし(苦笑)。最近、多忙でしてね。
 にもかかわらず今回書きましたのは、ちょっと思うところがあったので。
 
 思うところと言うのは、進路の話。
 女の子(野郎のサブキャラ含む)の進路は、メモ1では固定、メモ2では変動だった。メモ2の場合、パラメータや行動によって変化するが、誰が何になるかは共通の項目から選ばれていたようだ。キャラによって多少の差はあったようだが。
 
 メモ3でも変動だが、メモ2と違ってキャラ毎にあらかじめ選択肢の範囲が限定されている。例えば芹華なら官公庁絡みの進路が、まりりんなら演劇関係の進路が・・・と言った具合に。手元にある攻略本では、初期設定ながら一覧にまとめられてある。
 
 それで思ったのは、御田万里がすっぱり演劇を止めてしまう進路があるという事。大学に進学(特に演劇関係の話は無い)ならまだ含みは残されているが、就職してしまう進路もあるのだ。
 
 最初は、私も違和感を覚えた。恐らく御田万里ファンでそのEDを見た者なら同じ思いだろう。
 しかし、改めて考えてみるとさほどおかしくは無いのではないかと思えてきた。
 
 彼女が演劇で有名な高校を蹴ってもえぎの高校に来たのは、親の七光りと言われるのを嫌って自分を試す為だったからではないか。
 だとしたら、特に演劇にこだわる必要も無いと思うのだ。彼女は自分自身を見つける事が出来たのだ。だからこそ、演劇を続ける必要がなくなったのだ。
 むしろ自分を発見出来なかったとしたら、漫然と演劇を続けているような気がする。彼女の場合、普通の企業に就職する方が、無目的に大学に進学するより親の反対は大きいと思うから。
 
 だから、演劇の為に留学するのも、アルバイトしながら劇団で修行するのも、演劇から足を洗って就職するのも、それは全て彼女が自分を見つけだした結果だと思うのです。
 
 本日はこれにて。

PAST INDEX FUTURE

| TOP | ご案内 | 更新履歴 | キャラ | メモ3プレイ | Museum  | Muscot | Link | 黒騎士のぺぇじ(BLOG版) |

Last updated: 2002/6/18