ときメモ3プレイ記

ときメモ3のプレイ記です。
ネタバレ情報を含みます。
 
攻略情報は未整理となっております。
ご了承下さい。
2001-12-27 Thursday
父と娘と・・・
 
 やあみんな、EVSで萌え萌え台詞言わせて遊んでるかーい?
 わしは「ぱぱ」とか「お父さん」とか呼ばせてたりする(切腹)。
 
 今度こそゆっこを狙ってみる。
 牧原優紀子は、最初から主人公に気があるので、楽と言えば楽だ。伝説の坂で出現、陸上部で一緒に部活する。お目当ての娘と一緒に部活、これ基本。
 
 ゆっこの攻略キーワードは、駄菓子屋のおばあちゃん。何故かゆっこと仲が良い。ゆっこから紹介されるパターンと、丘探索で事前に出会っているパターンとがある。
 んで、このおばあちゃんと言うのがもえぎの高校出身で、若い頃は一緒に通っていた彼に恋心を抱いていたのだな。そしてゆっこと主人公の事を、若かりし頃の自分たちに重ねて温かい目で見守っている。
 
 今回、登場キャラを絞ろうとしたのだが、陸上部で頑張った為にえみりぃと、更にせりりんまで登場する。特に芹華は意外だった。体力が低かったから、よもや登場するとは思わなかった。慌てて体力を上げる。さもないと爆弾処理で苦労する。
 
 面白かったのは、合宿中の肝試しで、学園七不思議の話が出るのだが、その後芹華が怪我して登場する。裏で秘かに活動していたらしい。
 
 さて物語後半、駄菓子屋のおばあちゃんはお迎えが来てしまう。おばあちゃんは二人に遺書を残していた。おばあちゃんは好きだった人に、伝説の坂で想いを告げる事が出来なかったのだ。遺書は二人を応援する内容だった。
 そして、優紀子はおばあちゃんの想いを受け継ぐように、伝説の坂で告白。ううっ、可愛いのう。
 
 てな具合に感動的な話なのだが、実を言うととんでもない間違いを犯しているのだね。
 っつーのも、今の新制高校と言うのは、戦前は旧制中学で、高校では無かったのだよ(笑)。おまけに共学校なんてのは、せいぜい尋常小学校止まりで、それさえもクラスは別々だった。男女七歳にして席を同じゅうせず、という風潮だったのだね。
 
 ゆっこがひたすら可愛かった。気付いたのは、ゆっこがときめき状態になると、デート時に少しアップになる。これはどうやらゆっこだけの現象のようだ。二人の距離が縮まったのね。
 ただ可愛いのはいいのだが、「あんたらなに青春やっとんじゃあぁぁ」、とツッコミたくなるおっさんのわしがいた(笑)。微妙にのめり込めない。
 
 爆弾も破裂せず、つつがなく終了。ちぃちゃんを出さなかったのはまずかったかな? 友達を出さないと見れるエピソードが減ってしまう可能性がある。
 卒業後の進路で、まりりんがすっぱり演劇から足を洗って就職したのには驚いた。
 
 本日はこれにて。

PAST INDEX FUTURE

| TOP | ご案内 | 更新履歴 | キャラ | メモ3プレイ | Museum  | Muscot | Link | 黒騎士のぺぇじ(BLOG版) |

Last updated: 2002/6/18