ときメモ3プレイ記

ときメモ3のプレイ記です。
ネタバレ情報を含みます。
 
攻略情報は未整理となっております。
ご了承下さい。
2002-01-04 Friday
タカビの裏側
 
 あー、年越しちったい。
 
 御田まりりんを狙ってみる。例によって伝説の坂で出現するまでひたすらリトライ(笑)。
 困った事に、坂で出現すると、通常出現時の鞄持ちエピソードが発生しなくなる模様。あれ好きなんだけどな。
 
 まりりんの攻略ポイントは演劇。演出家の父と女優の母を持ち何不自由なく育った彼女だが、その生き方に疑問を持った。親の敷いたレールを拒み、自ら歩き出す為にもえぎの高校に入った訳だ。
 生い立ちはともかく、彼女はメモ1の鏡さんに似ている。自らを強く見せる為に、タカビを演じているのだ。違うのは、彼女はお芝居と実生活でダブルに演じなければならない事だ。
 
 やがて彼女の演技は行き詰まる。彼女にとっての芝居は、実生活同様自らを装う仮面に過ぎなくなってしまったのだ。何度もスランプに陥り、その度にPCの助言で立ち直る。
 この助言を的確に行えば、彼女とハッピーエンドを迎えられるだろう。後はパラメータを上げ、デートを重ねればよい。
 それにしても彼女の芝居の迷いを正確に見抜いた顧問の先生は、結構凄い演出家なのではないかと思ってしまう。
 ただ困るのは、スランプのおかげで修学旅行でのエピソードがなくなってしまう事だ。
 
 今回は登場キャラを絞ったので、ゆっこの他には理佳ちゃんしか出さなかった。本命の娘の友達を出すと、イベントが増えたりデートの話題が増えるので好都合。
 まりりんは、理系と運動系の話題が駄目なので、注意しないと追加デートの話題を使い切る。
 
 さて、ついでに出した理佳ちゃんだが、面白い事にふりくたーと子犬のイベントが発生した。PCのコピーロボット製作のイベントが発生しなかったにもかかわらずである。
 但し、イベント発生が遅かったので、中途半端に終わったけどね。
 
 ところで理佳ちゃんは、背中からピンクのノートPCを取り出すのだが、プールに行ったときにも取りだした。何処にしまってたのか、今日という今日は訊きたいな。
 
 理佳ちゃんはプロの囲碁棋士に(をを、ヒ○ルの碁)、矢部卓は自衛官になった。
 
 ほたりゅんはクリアしたけど明日ね。

PAST INDEX FUTURE

| TOP | ご案内 | 更新履歴 | キャラ | メモ3プレイ | Museum  | Muscot | Link | 黒騎士のぺぇじ(BLOG版) |

Last updated: 2002/6/18