ときメモ3プレイ記

ときメモ3のプレイ記です。
ネタバレ情報を含みます。
 
攻略情報は未整理となっております。
ご了承下さい。
2002-01-05 Saturday
新しい絆
 
 今回のサブタイトルも、ヒネリなしのそのまんま。
 
 いよいよラスボスとの呼び声も高い和泉ほたりゅんを狙ってみる。今回の攻略には、穂多琉攻略情報で一日1,000HITを叩き出した(いや、ほたりゅんだけでは無いだろうが)ClamCherryBlossoms様のHPを参考にさせて戴きました。感謝m(_ _)m
 
 穂多琉の攻略ポイントはメール。彼女は月夜見というHNで月の雫というDTMのHPを持っている。まずWebサーフィンでHPを探し出す。メールのやりとりをしているうちに、一年目の秋頃にピアノを弾く少女に出会う。それが穂多琉。
 
 それ以降、生身のつき合いとネットでのつき合いが平行して進んでいく。彼女は事故で恋人を失い、自身も事故の後遺症で苦しんでおり、他人との関わりを拒絶している。この辺り、河合理佳と似てなくもない。同じように、失う事を恐れている。
 
 最初は電話番号を聞き出すどころかデートに誘う事もままならない。彼女の攻略には高いパラメータが必要なので、一年目は腹をくくってレベルアップに費やしてもいいだろう。
 
 進級時、進学コースを選ぶ。矢部卓とほたりゅんと同じクラスになる。矢部卓からは女の子の情報を、穂多琉からは電話番号を入手。
 進級時に一緒のクラスになった女の子からは、無条件に電話番号を入手出来る。巧く利用すると効果的。とりわけ、穂多琉攻略では威力を発揮する。彼女は必ず進学コースなのだ。
 
 後は他の女の子同様、レベルアップとデートの繰り返し。彼女は勉強系のレベルが全般に高くないといけない。一部では、テストで常に彼女の成績を上まらなければならないとさえ言われているが、そんな事はない。一度も彼女を抜けなくてもクリアは可能。デートの話題は、守備範囲が広い割に乏しくなった。何とか使い切る事無く終わる。
 唯一他の娘と違うのは、オンラインでの付き合いも重要な事だ。彼女に出すメールの選択肢を間違えなければ、攻略は可能だろう。
 ちょっと不満だったのは、彼女にメールを出すときのHNをデフォルトの中から選ばなければならない事だ。変な選択肢ばっかりあって困る。おかけで、日本中にニャン・トロ星人が増えた(笑)。トンデモネタだね。んー懐かしいのう。山本先生の読参企画に投稿していた頃を思い出す。
 
 わしの思い出話はさておき、彼女は必須イベントが無いそうなので、基本はメールとレベルアップ。但し、2年目冬の映画『せつなくて…』のイベントは発生させておいた方が良い。発生すると好感度が下がるが、立ちキャラのイベントではなく特殊イベントなのだ。
 あと神条芹華を出していると、屋上でイベントが発生する。同じように他人との関わりを避けている彼女だけに、相通ずるものがあるのだろう。
 
 とにかく最難関のキャラなので、いろいろと情報が交錯している。勉強のレベルが高いのは必要事項だが、彼女以下の成績でも問題無いし、全てのレベルに於いて30を超えなければならない事もない。一流どころか二流大学に行けない学力でも、クリアは可能だ。
 ひとつだけ重要と思われるのは、表の6人の女の子の告白条件を満たしてはならないというのがあるらしい。未確認だが。
 神条せりりんのバトルイベントが発生しかかったが踏みとどまる。その後、彼女は入院したらしい。ゆっこにはおばあちゃんが死んでも励ます事無く、他の娘の必須イベントはことごとく外す。
 
 先人の苦労の上に立って、一発でクリア。但し、メル友だった事は明らかにならず。ちと残念。
 まりりんとは一緒に二流大学を受験し、二人とも不合格(T_T) 白鳥は自衛官に、かずみはパン屋さんになった。
 
 本日はこれにて。

PAST INDEX FUTURE

| TOP | ご案内 | 更新履歴 | キャラ | メモ3プレイ | Museum  | Muscot | Link | 黒騎士のぺぇじ(BLOG版) |

Last updated: 2002/6/18